プロフィール

浜K

Author:浜K
北海道東部域を中心に至高のスーパートラウトを求める釣りクラブ「HEAT F・C」に所属する浜Kの、のら~りくら~り気ままに楽しむ釣情報中心のブログでぇーす。
また、オジサンバンドの結成を目指し、初心者ながらロックギターの完コピに日夜励んでいるチョイ音楽系ありの二刀流ブログですので、興味のある方はどうぞご覧ください!!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

北海道-釧路
提供:釣り情報フィッシングラボ
RSS

鬼の楽園(後編)

日も暮れ、無風状態でライズがあっちこっちで起こっている。

まだ七時だが、明るいので釣り人多数!

兄者の話では、暗くなったら皆さんいなくなるとの言葉を信じ、ロッドを振りまくる。

橋の付近がいいらしいが、日中あれだけルアーには見向きもしなかった鬼がヒットするのか?なんて少々弱気になりかけていた頃・・・

「ズン!」ロッドを押さえ込むと当りが!

すかさず合せてロッドにテンションがかかったその時!2メートル位走ってバラシ?・・・くぅぅ

明らかに鬼の辺りだった、と思う、だって殆ど鬼しかいないんだから(笑)

8時も半分回ったところで、完全に暗くなり、後ろから真ん丸い月が昇ってきた。

しかし人!人!人!まだ10人ほどいる。なんで?

フライの人は暗いのにバカスカ釣ってる。

それからは殆ど当りらしい当たりなど皆無。

腰、肩、腕が痛く、体力的に限界に来ている(年ですから・・・笑)

兄者には「10時半までやってダメならあきらめろ」と言われていたので

その時間までと決めていたので、もう既に9時30分を回っている。

もうだめかなーなんて、ボーっと考えていると、なんと皆さん一斉に帰っていく???

サケの密漁じゃあるまいし、何でかなー、まっ!いいか(笑)

早速その場所へ移動!!

と、バシャバシャ!と音が!

鬼を釣上げている人がいる

見に行くとナナマルクラスの鬼

その方に聞くと、昨晩はこの場所で30本ほどの鬼がこの周辺で上がったそうで、その方は今日もすでに4本釣ったとのこと!

このとき俺の頭の中に「ここで粘れば釣れる」と俺らしい安易な考えが・・・

しかし、既に10時を回っている!あと30分

鬼退治用ロッド「ティファ チライ」に今年の当たりルアー「シュガーミノーショートビル」をセットし・・・マシンガンキャスト!

何投目だろうか、手前にミノーが来たときに、ひったくる様にロッドが持っていかれる!

あわててロッドを立てようとしたが、一気に対岸へ向かって走り出す。

ファーストアクションのロッドがミディアムアクションのように根元から曲がる、信じられん!!

リールはドラグ効いていないかのように、ラインが引き出されていく!

河川の淡水魚がこんなに引くのか!と思うほど爆発的に暴れまくる鬼!

10分ほどやり取りして、暗闇から上がってきた魚体をライトで照らしたとき、思わず震えが!!

でかい!メーターはあるかも!!
IMGP4180.jpg
しかし90cmジャストの鬼!しかしデカイ!おもい!太い!太すぎるぅぅーーー!

こ!こ!これがキュウマルの鬼!やったどー!やったー!だあーははは!

牛川で釣上げるのはちょっと無理そうな大きさだ。
IMGP4176.jpg
もう、膝がガクガクして、これ以上無理、これで終了!
IMGP4178.jpg
猿払のポテンシャルの凄さを垣間見た瞬間ですわーー

皆さんが遠くから足げく通うのがわかる、こんなのが釣れるんだから・・・
IMGP4182.jpg
次の朝、兄者に報告すると「いきなりキュウマルは出来すぎだ」といわれ、気分は最高!(笑)

また来そうな予感を感じながら猿払を後にした・・・(また来週来るかな 笑)
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す